低空間工法協会は、空頭の制限、狭隘空間、既存構造物近接地において、様々な工法に関しての安全施工・技術向上・普及活動を図ることを目的とします。

トップページ > 工法紹介 > 場所打ち杭工 SRD工法の概要

工法紹介

Product

場所打ち杭工 SRD工法の概要

泥水を通常のボーリング掘削の方向と逆に循環(リバース掘削)することにより掘削し、杭を造成する工法です。
大型の杭打機に比べ、組立解体手間が掛からないのも特長です。
ベースマシンが油圧ショベル0.15m³・0.25m³級となっている為、狭隘等の制限がある場所に適しています。
空頭制限はH=4.5m前後から施工可能です。

現場の様々な条件、要因で施工可能条件が変わってきます。 お困りの際はいつでもお問合せ下さい。


SRD工法の施工事例はこちら